医師の資産運用はプロフェッショナルに任せよう

男女

準備と届出はしっかりと

施術

準備したいこと

地域の人々に喜ばれる整骨院を開業するには、柔道整復師と言う国家資格を取得する必要があります。この国家資格を取得することで整骨院を開業できるスタートラインに立つことができます。無事資格を取得したら次は開業ですが開業するためには、資金を調達しましょう。まずは、自己資金をある程度準備し、それでも足りないときは公的な機関からの借入を検討します。地方によっては新規に開業する人を支援する制度を独自に設けていることもあるので、まずは地方公共団体や国などの公的な機関から借入ができないかを考えましょう。それでもまだ不足してしまう場合は、親族からの借入を検討してもいいでしょう。また、開業するにあたってはその地域に競合する他の整骨院がないかどうかやどれくらいの患者さんが集まりそうなのかなどの予測も立てるようにします。そして、整骨院をすでに経営している人たちにアドバイスを求め、どの点に苦労したのかなどを聞いておきましょう。整骨院を開業する際に必要な届出は、保健所への施術所開設届を出すことと地方厚生局へ健康保険の請求ができるように届出を行うことです。この2つをすることで、正式な整骨院として開業することができ、患者さんに施術した際には、保険適用の治療に関しては保険請求をすることができます。保健所へ施術開設届を出すときの注意点は、すでに開業できる準備が整っていることと開業してから10日以内に出すことです。地域によって立会い調査が必ずあるわけではありませんが、保健所へ施術開設届を出すと確認をしに保健所から人が来ます。その場合に備えて必要な設備や消耗品類などもしっかりと、揃えておきましょう。